【あきらめるのはまだ早い!】自己破産者や金融事故者でも借りられる方法まとめ

自己破産者や金融事故者にもチャンスは確実にあります

お金に関して1度でも大きな失敗や過ちをすると、なかなか元の状態に戻すことは難しいと言われています。

いわゆる「ブラックリスト」に載るようなものですね。その多くの方たちが「自己破産者」や「金融事故者」に該当し、その後の借り入れなどをかなり制限されます。

ただ単に遊びやギャンブルに使ってしまったようなどうしようもない方、無謀な事業にチャレンジし、失敗で多額の借金を抱えてしまった方。はたまた、親や子供の病気を治すための治療費を工面するために、昼夜問わず働いてもお金が足りず、しかたなくいくつかの消費者金融にキャッシングをした方、奨学金だけでは授業についていくための参考書や、ゼミの費用を賄うことが出来ず、自分への出世払いのつもりで借り始めたが、卒業して働きはじめ、奨学金とその借金を返していくことを考えると、まったく現実的ではなくなってしまった学生。。。
などなど、自己破産者や金融事故者にもいろいろのケースがあるわけです。

今、生活があまりにも苦しく自己破産を考えている人や、すでに自己破産を申告している人でも、これでこの先の人生、お金を借りられなくなるのは、あまりにも辛いですし、チャンスを潰しかねないですよね。

金融事故者の自己破産のメリット、デメリットをはじめ、融資可能なサービスやローンについてもご紹介していきます☆

まずは金融の仕組みについて知ることが大切

一概に金融事故を起こしてしまった場合でも、その程度や理由などによって、法的処置が異なります。中には法的な手段を使う必要のない程度もあり、個人で判断するのはなかなか難しいですよね。

大まかには4つの手段があり、「任意整理」「債務整理」「個人再生(個人民事再生)」「自己破産」とあります。「自己破産」という単語が一番メジャーだとは思いますが、回避される部分も大きいですが、それだけその後の生活に対しての制限も大きくなります。ですので、もうどうにもならない~、自己破産しかない~、なんてすぐに考えず、このサイトの内容と照らし合わせて、自分の現状をしっかり把握しましょう。

お金を借りる方法は色々

お金に困った時に、まず一番に思い付くのはどういった方法でしょうか。たぶん個人だったら、クレジットカードについているキャッシング機能や、消費者金融からの借り入れ、会社企業であれば、銀行からの借り入れ、担保ローンなどでしょう。

だけど、それでも色々な理由で借りられない。今までの金融事故が問題、現状の収入が問題、現在求職中など、様々でしょう。だけど、今少しの間困っているのでどうにかしたい、少し経てばまとまったお金が入ってくる。。。そんな風に説明しても、貸金法が厳しくなった今、ブラックリストの人や、無職、専業主婦の人が借り入れすることはそう簡単ではありません。

ですが、方法がないわけではありません!!

きっと借りられる、やり直せる!

上記のように、本当にお金が無くなって、もう自分ではどうしようもないって考えても、自暴自棄にならず、このサイトで自分の今の状態を知り、どこに相談して、どういった方法を取るべきか。1度「自己破産者」や「金融事故者」になってしまったら、今後一生お金に困ることになる、など考えず、まだなんとか銀行で借りられるか、銀行がダメなら消費者金融は。それでもダメなら、さらに他の手はないか。既に活用している方も多いですが、奥の手としてこういうのもあります。

借りられる、自己破産、金融事故からやり直せる方法を考えるための参考になれば嬉しいです。